お役立ちブログ,大阪府大阪市西区

ゴミ屋敷を片付ける方法

 

 

大阪市西区で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているイーブイです。

 

まずは、必要なものと不要なものに分けることから始めましょう。毎日使うもの、必ず月に1回は使うものは置いておき、ゴミはもちろん、使わなくなった家具・サイズが合わない服・壊れた家電製品などは全て不要なものに仕分けましょう。ここで迷うのが、「いつか使うかもしれないもの」の判別です。

 

その「いつか」が半年よりも後であれば、迷いなく不要の方に置きましょう。グレーゾーンのものは思い切って「捨てる」、これが鉄則です。まずは、必要なものと不要なものに分けることから始めましょう。

 

毎日使うもの、必ず月に1回は使うものは置いておき、ゴミはもちろん、使わなくなった家具・サイズが合わない服・壊れた家電製品などは全て不要なものに仕分けましょう。ここで迷うのが、「いつか使うかもしれないもの」の判別です。その「いつか」が半年よりも後であれば、迷いなく不要の方に置きましょう。グレーゾーンのものは思い切って「捨てる」、これが鉄則です。

 

次に、先程選り分けた必要でないものは捨てるようにしましょう。もしかしたら売れるかも…という考えがよぎるかもしれませんが、よほどのブランドものやプレミアがつくようなものはさておき、大抵のものが二束三文にしかなりません。わざわざ業者を呼んで、よりわけてもらったり、自分で時間と手間をかけて持ち込んだり…といった時間や手間のロスをするくらいなら、捨てた方がよっぽど合理的で早いです。

 

そして、どうにも手の施しようがないと思ったら、清掃業者に依頼するというのもひとつの手です。現代人が片付けができないのは、江戸時代に比べ家の中にある雑貨・モノ自体が数倍以上に膨れ上がっているからです。また、「片付け」自体の教育を受ける機会も少ないのも関係しています。しかし、業者によって一度きれいでまっさらな状態を体験できたら、元のゴミ屋敷には戻りにくくなるという統計も出ています。もし手に負えなければ業者に頼りましょう。

 

 

大阪市西区で不用品回収、粗大ごみの処分はイーブイへ
http://eevee-osaka.com/