お役立ちブログ,大阪府吹田市

特殊清掃後の原状回復に必要なこと

 

 

吹田市で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているイーブイです。

 

単身の親族が賃貸マンションなどで孤独死していたのが発見された場合、親族が原状回復のうえ貸主に返還する義務が生じます。孤独死の場合、死後すぐに発見されることはむしろ例外的で、死後数日から数週間経過していることがむしろ普通です。死後時間が経過すると、体液の周囲への漏出や害虫の繁殖により、特殊な清掃作業では対応できない事態になっています。

 

単身の親族が賃貸マンションなどで孤独死していたのが発見された場合、親族が原状回復のうえ貸主に返還する義務が生じます。孤独死の場合、死後すぐに発見されることはむしろ例外的で、死後数日から数週間経過していることがむしろ普通です。死後時間が経過すると、体液の周囲への漏出や害虫の繁殖により、特殊な清掃作業では対応できない事態になっています。

 

そこで特殊清掃によって、専用の薬剤や技術を用いて殺菌や消臭を行うことがまず必須の作業になります。次の入居者のためには、臭いがなく孤独死の残滓がないことが絶対条件なので、消臭されていることと汚れなどがないことによって初めて、新たな入居者を募る条件が整います。このようなことから、特殊清掃は専門業者に依頼するのが一般的です。

 

特殊清掃によって、はじめて返還のための原状回復の端緒につくことができる状態になるのですが、臭いや殺菌が住んでも住居内の残置物の処分も必要です。原状回復の一環として絶対必要なのは、遺品等物が撤去されていることです。所有権が明確に放棄されていない限り、貸主といえども残置物を自由に処分することは出来ませんし、孤独死した方の所有物を処分することには心理的抵抗か強いからです。
特殊清掃の原状回復には、臭いと汚れが除去されており、残置物もきれいに処分されていることが必須の条件といえます。

 

 

吹田市で不用品回収、粗大ごみの処分はイーブイへ
http://eevee-osaka.com/