お役立ちブログ,大阪府大阪市天王寺区

「ゴミ屋敷でお困りなら行政へ」は間違い?大阪市の回収業者が行政法の観点から解説!

大阪市天王寺区で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているイーブイです。

 

近年、社会問題化しているのが「ゴミ屋敷」です。
一度ゴミ屋敷になってしまうと、自分で片付けるのは非常に難しいのではないでしょうか。

 

そんなときに、問題解決を依頼する先として考えられる選択肢は大きく分けて2つあります。

それは、自治体と業者です。
今回は、自治体にゴミ屋敷を片付けてもらえるのかについてまとめました。

■行政に「ゴミ屋敷」の清掃は頼めない?

行政が行うゴミ屋敷の清掃は、最終手段ともいうべきものです。
行政は「ゴミ屋敷条例」と「行政代執行法」に基づいて、ゴミ屋敷の清掃を行う場合があります。
ゴミ屋敷条例で、ゴミ屋敷の住民に、片付ける義務を課し、それが実行されなかった場合に、行政が代わりに清掃を行うという流れになります。

 

しかし、多くの問題点があります。
まず、ゴミ屋敷条例とは、各地方公共団体の自主立法です。そのため、この条例がない自治体も数多く存在します。
また、ゴミ屋敷にあるゴミは、その住民の私有財産に当たるので、それを行政がバンバン捨てる・片付けることは、人権侵害に当たります。

 

そのため、必要最小限の片付けしか許されないのが原則です。
そのため、家から道路にはみ出たゴミを片付けて終わり、というようなこともよくあるようです。

■まとめ

行政にゴミ屋敷問題を依頼しても、根本的な解決にはならない場合が多いようです。
弊社はゴミ屋敷の清掃サービスも行っています。お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

大阪市天王寺区で不用品回収、粗大ごみの処分はイーブイへ
http://eevee-osaka.com/