お役立ちブログ,大阪府大阪市鶴見区

特殊清掃が必要な事例ってどんなものがある?大阪の業者が解説

大阪市鶴見区で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているイーブイです。

 

「特殊清掃ってよく聞くけれど、どういう時に必要なのだろう?」
今回は、特殊清掃が必要な事例にはどのようなものがあるのかについてご紹介いたします。

 

◎特殊清掃が必要な事例
特殊清掃というのは、とある事情によって傷みが進行した部屋を綺麗にして、なるべく元の状態に戻す清掃作業のことを指します。

この事情というのは、亡くなられてから時間が経過してご遺体が発見されたというものです。

 

家族や親交の深かった方に看取られながら最期を迎えるというのはよく聞く話ですが、必ずしもそうはいかないことも多いです。
家族が遠出している、あるいは別々に暮らしているときに突然亡くなってしまい、家族が訪れるまで亡くなっていることに気付かれないということや、痛ましい事件や自殺によって発見されるまでに時間がかかったということもあります。

 

亡くなられてから時間が経ちますと、遺体や空気中の微生物による分解や増殖が加速し、外部に流れだした腐敗液や菌の臭いによって部屋中包まれていること、さらには害虫が対象に発生していることもあります。

 

こういった場合住める状態に戻すためには、単なる清掃ではなく、害虫駆除や殺菌、化学薬品を使用した臭いの元の分解、さらには染みついた臭いが発生しないように壁や床の貼り替えをする必要があるのです。

今回は、特殊清掃が必要な事例についてご紹介いたしました。

特殊清掃についてご不明な点があれば、弊社までご相談ください。

 

大阪市鶴見区で不用品回収、粗大ごみの処分はイーブイへ
http://eevee-osaka.com/