お役立ちブログ,大阪府箕面市

特殊清掃の作業事例とは?大阪の業者が解説

 

箕面市で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているイーブイです。

 

近年、孤独死が増え、特殊清掃を依頼される方も少なくありません。
特殊清掃には様々な事例があります。

 

そこで今回は、特殊清掃の作業事例を紹介いたします。

 

□特殊清掃の作業事例
*浴室
浴室は、家での不慮の事故で最も多い場所です。
浴槽内での事故の場合、たんぱく質が浴槽のプラスチックにしみこんでしまって強烈な臭いになっている場合があります。
浴槽ごと買い換えるのをおすすめしますが、できない場合は、除菌清掃をしたのちに消臭コーティングを行います。

 

*リビング
体液がフローリングの下まで流れている可能性が高いです。
しかし、フローリング下のコンクリートを削ることはできないので、コンクリート表面の体液を除菌清掃します。

 

除菌掃除した後も臭いが上がってくる恐れがあるため、防臭コーティング剤ですき間なく膜を張り、臭いが上がってくるのを遮断します。
階下まで流れてしまっている場合は、階下の部屋の防臭リフォームも必要になります。

 

*寝室
ベッド・布団・板の間・畳など亡くなっている場所は様々考えられますが、いずれの場合も体液の除去が肝心となってきます。
ベッドの場合は、体液がしみ込むのがマットレスまでで済むかもしれませんが、フローリングやカーペットの場合は、体液がフローリングの下までしみ込んでしまっている可能性があります。

その場合は、フローリングを外して体液を完全除去する必要があります。

 

ぜひ、特殊清掃を依頼する際の参考にしてください。

 

箕面市で不用品回収、粗大ごみの処分はイーブイへ
http://eevee-osaka.com/