お役立ちブログ

特殊清掃を依頼する事例としてよくあるものを大阪の業者が解説

大阪市東淀川区で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているイーブイです。

特殊清掃という言葉は、文字通り特殊な清掃技術を用いたサービスのことなのですが、多くの場合においてこの特殊清掃がターゲットにしているのは、遺体が発見された際に汚染されてしまった室内環境の原状回復に関するものに限られると言えます。

大阪では近年問題になっている高齢者の孤独死などが多発していますが、そのような問題が発生した事例においては特殊清掃が必要になることが少なくありません。
最もよくあるケースとしては、遺体の発見が遅れてしまった場合です。

高齢者の一人暮らしなどは死後すぐに発見できない場合がありますが、そのような状況下では季節によっては遺体の腐敗が進むなどの問題が発生することがあります。

このような事例の場合には一般的な清掃だけでは原状回復が困難であり、特殊な技術での清掃が必要になることもあります。

腐敗が進行している場合には床材の撤去が必要になるケースもあり、一般に高額になります。
この特殊清掃が一般の清掃と異なる部分はいくつかありますが、部屋にしみついてしまった腐敗臭などの除去にも力を注ぐ点が特徴です。

死後速やかに対処できなかった場合はこの腐敗臭の問題が大きくなりますので、専門的な処置が必要になります。

この点についてはしっかりとした対応ができる業者を選択することが非常に重要なポイントになります。

大阪市東淀川区で不用品回収、粗大ごみの処分はイーブイへ
https://eevee-osaka.com/