お役立ちブログ

大阪の方へ、特殊清掃が行われる事例について解説

門真市で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているイーブイです。

近年、日本では高齢者の一人暮らしは増加傾向にあり、大阪などの都市部も例外ではありません。 それに伴い、特殊清掃が必要になる事例も多くなっています。

人が亡くなるのは病院が多いですが、自宅で突然亡くなってしまうこともあります。

一人暮らしだと発見が遅れ、遺体がしばらく発見されないことも決して珍しい事ではないのです。

そういった場合には遺体の腐敗が進んでしまうので、特殊清掃が必要になります。

一人暮らしの孤独死は高齢者に限った問題ではなく、40代や50代の働き盛りの世代にも及んでいます。

お盆や年末年始など長期休暇中だと会社の人も気付きませんし、隣近所との付き合いもほとんどないという世帯も多いようです。

また、自宅で自殺していたという場合も特殊清掃が行われることが多くなります。20代や30代など若い世代の人にも多く、定職を持っていないため気付かれなかったという人もいます。

配偶者と離婚して1人で住んでいることもありますし、家族がいても遠方に住んでいるといった事例もあります。 それから円満な家庭生活を送っていた場合でも、孤独死になってしまうこともあるようです。

配偶者に先立たれ、子供も大きくなって独立している人は決して少なくありません。

親子関係が円満でも、毎日欠かさず連絡をするという人はあまりいないのではないでしょうか。 そのため孤独死になってしまうのです。

門真市で不用品回収、粗大ごみの処分はイーブイへ

https://eevee-osaka.com/