お役立ちブログ

特殊清掃のアフターフォローはどれくらいの期間か?|大阪での遺品整理

 

大阪市生野区で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているイーブイです。

 

一人暮らしの親せきが亡くなったとか、病気で長く寝込んでいた方の遺品整理など、通常の清掃では不足する場合があります。その様な場合は、特殊清掃を専門に行っている業者に依頼するのが一番良い方法です。中には発見が遅れて日数が立ってしまった場合もあるでしょうし、お体が不自由だったために家がゴミ屋敷になっている場合もあります。ただ単に遺品整理をするだけでなく、染みついた臭いや、害虫・カビなどの対策も必要です。特殊清掃を行う作業者の人は、このきつい作業を行うことと、ショッキングな場面に出くわすなど、精神的に辛いこともあります。そのため、作業者のかたにはアフターフォローが与えられます。これは、多くのストレスを解消してもらうために、カウンセリングを受けることができたり、十分な休養期間も取ることができます。どれくらいの休養期間がアフターフォローとして与えられるのかというと、実際に出くわした内容や精神的な辛さを加味して会社と相談して決めます。又、このアフターフォローの一環として給料の多さにも十分反映されます。特殊清掃を行う人が、顧客に明るく真摯に対応してくれるのは、このアフターフォローがあるからでしょう。
特殊清掃は、だれでも好んで行う訳ではありません。しかし、日本人の高齢化と少子化が進んでいる現実から、益々重要な職業となっていくことでしょう。

 

大阪市生野区で不用品回収、粗大ごみの処分はイーブイへ

https://eevee-osaka.com/