お役立ちブログ

大阪での遺品整理、特殊清掃をする住宅の事例を解説

 

茨木市で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているイーブイです。

 

人間関係が希薄になった現代では、ひっそりとひとり暮らしをしていた人が誰にも看取られることなく、息を引き取ってしまったという事態は珍しくありません。孤独死などと表現されているものです。ほとんどは本人の住居の中で、日常の生活を送っている途中での突然の病気やアクシデントなどによって死に至っています。助けを求めることもできずに亡くなったというのは、あまりに悲劇的と言わざるを得ません。

こういった孤独死というのは、大阪や東京だけで起こっているものではありません。いまや全国のさまざまな地域で発生しています。大家族制度が崩壊し、個人間のコミュニケーションがほとんどとられていないケースは少なくないのです。孤独死ばかりではなく、事件によって悲惨な結末を余儀なくされた事例も多々あるのは、毎日のニュースでも知られているとおりと言えましょう。

このように、人が亡くなった後の部屋をきれいに掃除する仕事として特殊清掃があります。昨今は非常に需要が多いことでも知られています。さまざまな事例がありますが、とりわけ死後の日数が経過してから発見された場合は、一般人には絶対に処理できないレベルの汚損状況になっています。体液が部屋いっぱいに流れ出していて、目も当てられないほどです。そして腐敗臭は鼻をつくような強烈なものがあります。これらは特殊清掃を専門に手掛けている人でないと、適切に対処できるはずがありません。

 

茨木市で不用品回収、粗大ごみの処分はイーブイへ

https://eevee-osaka.com/