お役立ちブログ

遺品整理いつやる?気になるタイミング紹介


大阪市住之江区で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているイーブイです。
遺品整理をいつやるか、お悩みの方はいませんか?
「いつすればいいかわからない」
「どうしたらいいのかわからない」
このようにお考えの方も多いと思います。
そこで今回は時間がある場合の遺品整理のタイミングをご紹介します。

□始めるタイミング

*四十九日を終えてから
四十九日法要を終えてから遺品整理をするという考え方があります。
仏教において四十九日は、死者の行き先が決まる最も重要な日だからです。
また、遺族にとってこの日は「忌明け」といって、日常生活に戻ってゆく日でもあります。
ですから、この日に遺品整理を始めるのがふさわしいといえます。

*葬儀を終えてから
葬儀で親戚一同が顔を揃えたタイミングで遺品整理をするのも良いでしょう。
遺品と向き合うには親族間での話し合いが必要となります。
相続など、遺品整理をめぐるトラブルを避けるためにも、遺品整理の時間をとるのが重要です。

*様々な手続きを終えてから
人が亡くなると、公共料金の名義変更など、様々な手続きが必要となります。
その際に遺品整理をするということもあります。

□まとめ
遺品整理にはいつからというタイミングがありません。
そのため、今回は時間がある場合の遺品整理のタイミングをお伝えしました。
ぜひ参考にしてください。
大阪市住之江区で不用品回収、粗大ごみの処分はイーブイへ
https://eevee-osaka.com/