お役立ちブログ

特殊清掃にはどのような事例があるの?大阪の専門業者が解説!

大阪市東淀川区で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているイーブイです。

「特殊清掃って聞いたことはあるけど、実際にはどんなことをしているの?」
こういった疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか?
特殊清掃を利用する機会はなかなかないかと思います。
そのため、実際にどのようなサービスなのかあまり詳しく分からないですよね。
そこで今回は、「特殊清掃について・どのような事例があるのか」の2点について解説します。

 

□特殊清掃とは?
特殊清掃とは事件や事故、孤独死などの理由で遺体の発見が遅れ、死臭や害虫の発生などの非常に不衛生な状態になった部屋を元の状態まで戻すための清掃業務のことを言います。

 

*作業の流れ
まず、遺体を外に出して処理した後、専用の薬剤やオゾン脱臭機という特別な機械を使用して死臭や腐敗臭の除去や消毒、害虫駆除を行います。
次に、害虫や臭いが染み付いた家具や生活用品の処理と、遺品の整理を行います。
その後、家具などの粗大ゴミを処分し、床や壁に染み付いた汚れを洗浄していきます。
しかし、復元が困難な場合はリフォームするケースが多いです。

 

□どんな事例があるの?
近年では高齢者の孤独死や一人暮らしでの自殺が多くなっています。
また、何らかの事故死や事件死なども主な事例として挙げられます。

 

□まとめ
以上、今回は特殊清掃について・どのような事例があるのか」の2点についてご紹介しました。
特殊清掃は、死臭や害虫の発生などによって不衛生な状態となった部屋を清掃するものでした。
自分一人の力では難しい作業かと思いますので、ぜひ専門業者を利用しましょう。
当社では特殊清掃のサービスを取り扱っています。
何かご相談があれば、ぜひお問い合わせください。

大阪市東淀川区で不用品回収、粗大ごみの処分はイーブイへ
https://eevee-osaka.com/