大阪の方へ、特殊清掃が行われる事例についてご紹介します

大阪市西区で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているイーブイです。

「特殊清掃はどんなときにするのだろう?」

特殊清掃というのはなかなか聞き慣れない言葉ですから、得体が知れないものですよね。
今回は、特殊清掃がどのような場面で行われるのかという事例をご紹介します。

 

□特殊清掃が行われる事例

*孤独死

特殊清掃の事例として最も多いのは孤独死です。
一人暮らしで亡くなったまましばらく気付かれないことによって、腐敗液などで部屋が汚染されてしまうことがあります。

 

*事件

何か事件があった場合には発見までに時間がかかることも多くあります。
また、大量の出血が起こっている場合には床材などの奥にまで染み込んでいることもあり、単なる掃除では取りきることが難しいです。

 

*ヒートショック

特に冬の寒い時期や風呂場などで急激な気温の変化でヒートショックを起こして突然死することがあります。
家族がいたとしてもなかなか発見されないことも多く、結果として遺体の痕跡が残ってしまうのです。
それらを取り除くために作業がなされることも少なくありません。

 

□まとめ

今回は、特殊清掃がどのような場面で行われるのかという事例をご紹介しました。
いずれもなるべく早期に対処するのが良い状態ですから、見積もりを依頼することを検討されるのがおすすめです。

大阪西区で不用品回収、粗大ごみの処分はイーブイへ

大阪エリア地域ごとのご案内

無料相談はこちらから

不用品回収・ゴミ屋敷片付け・遺品整理・特殊清掃など
お困りごとがありましたらお気軽にご相談ください

0120-976-837
24時間受付中!お見積り無料