お役立ちブログ,大阪市東成区

特殊清掃と遺品整理と不用品回収の違いを大阪の業者がご紹介

大阪市東成区で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているイーブイです。

特殊清掃と遺品整理と不用品回収の違いが分からない方は意外と多いのではないでしょうか?
特殊清掃・遺品整理・不用品回収などをご検討される際にはどのような特徴があるのかを押さえて、違いを把握したいですよね。
今回は、特殊清掃と遺品整理と不用品回収の違いを大阪の業者がご紹介します。

 

□特殊清掃がどのようなものであるかについて

特殊清掃とは、現場の痕跡を取り除いて原状回復する作業のことを指します。
言葉通り清掃であり、部屋を綺麗にすることに重点を置いています。
近年は家族に看取られて亡くなるのが当たり前ではなくなってきました。
一人暮らしの方も多いですから、知らないうちに亡くなっている事例もあります。
また、たまたま他の家族が出ていたなどの理由で、孤独死していることも多いのです。
その場合、亡くなった直後に発見されることは稀で、死後数日が経過しています。
発見が遅れると、遺体の腐敗が進んで、家屋に被害が生じることもあるでしょう。
誰にも看取られずに亡くなり発生が遅れると、腐敗や体表の傷で遺体から体液が出てきます。
これの臭いが、腐敗臭と呼ばれているものです。
時間が経つにつれて、この腐敗液が出てくる恐れが高まるでしょう。
放置しておくと、壁や床などにも染みついてしまうのです。
さらに、部屋に入るのが難しいほどの異臭が発生するでしょう。
特に使う理由もなく取り壊すのであれば問題ないでしょう。
しかし、賃貸物件などで新たな居住者がいる場合には、綺麗にする必要がありますよね。
そこで行われるのが、特殊清掃と呼ばれる家の修繕です。
腐敗液の染み抜きや害虫駆除をはじめ、場合によっては床や壁の張り替えも行われます。
元々の住宅に近い状態に戻し、再び住めるように回復させるのです。

 

*特殊清掃の進め方について

特殊清掃の概要がわかったところで、どのように進めるのかが気になるかもしれません。
最初に行うのが、業者への問い合わせです。
臭いの発生や害虫が出てくることも踏まえると、いかに迅速に行えるかが重要です。
現場検証が行われているのと同時に、打ち合わせはできます。
特殊清掃が必要だと感じた場合には、専門業者に相談しましょう。
質問や相談などを通して、作業の必要性が判断されます。
緊急性の高い場合には、当日に作業を行うことも可能です。
その後、現場の状況を確認して、どのくらいの費用になるかを算出します。
見積り金額にご納得いただけるようであれば契約で、作業の日程を確定しましょう。
そして、実際に特殊清掃に入ります。
特殊清掃が必要なくらいの現場は、そのままの格好で立ち入ることが難しいでしょう。
専用の防護服をまとった担当者が対応します。
具体的には、住宅に残っている体液などを除去して臭いの元を除くのです。
場合によっては、住宅の構造物に臭いが付着しているかもしれません。
適宜、張り替えなどのリフォームも行います。
同時に、遺されたものがある場合には、遺品整理を行うかもしれません。

 

□遺品整理とはどのようなものなのか?

遺品整理は、亡くなった方のものの処遇を決めて動かす作業です。
具体的には、ご遺族が引き取られるのか、あるいは廃棄・売却などで手放すのかを丁寧に決めていきます。
亡くなられた方が身の回りのものを全て処分しているとは限りませんよね。
そこで、遺族などが集まって、分配あるいは廃棄をするのです。
遺品の片付けに関しては遺品整理業者に相談されることをおすすめします。

 

□不用品回収とはどのようなものなのか?

不用品回収とは、使えなくなったものを回収してもらう作業です。
それに付随する部屋の掃除も含めることもあります。
日々片付けができれば良いですが、忙しい・気が向かないなどの理由でなかなか進まないかもしれません。
それを繰り返しているうちに、要らないものを溜め込んでしまっていることもあるでしょう。
また、家具や家電が壊れてしまったときに、そのままにしている場合も多いかもしれません。
普段の生活ゴミとは違って簡単に捨てられないものですから、そのまま放置する傾向が見受けられます。
結果的に、使わないながらもそのままにしているものが増えていくのです。
それらをまとめて回収し、処分まで代行するのが不用品回収です。
費用こそかかりますが、ご自身で処分したり売ったりするよりははるかに手間が削減できるでしょう。
この不用品回収は、特別な状況とは限りません。
もちろん、特殊清掃や遺品整理に合わせて行うこともありますが、引越しなどの場合も利用する可能性は大いにあるでしょう。
特殊清掃や遺品整理よりは利用するシチュエーションが多いと言えます。

 

□まとめ

今回は、特殊清掃と遺品整理と不用品回収の違いを大阪の業者がご紹介しました。
特殊清掃とは、現場の痕跡を取り除いて原状回復する作業のことを指します。
遺品整理は、亡くなった方のものの処遇を決めて動かす作業です。
不用品回収は、使えないものを回収してもらうことであると押さえておきましょう。

 

大阪市東成区で不用品回収、粗大ごみの処分はイーブイへ