お役立ちブログ,河内長野市

大阪にお住まいの人必見!不用品回収の費用ってどれくらい?相場や費用を抑える方法をご紹介します!

河内長野市で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているイーブイです。

「家に粗大ゴミがあってどうやって処分すればいいかわからない」
「できるだけ安く処分したい」
大阪にお住まいの方でこのようにお考えの方が多いと思います。
不用品の処分は普段あまり利用する機会がないからこそ、わからないことって多いですよね。
今回は、大阪での粗大ゴミを処分する際の費用の相場をご紹介します。

□粗大ゴミとは

そもそも、どんなものが粗大ゴミとして当てはまるのか分からないという方も多いと思います。
大阪市では、粗大ゴミを「家庭の日常生活から出されるゴミで、最大の辺または径が30センチを超えるもの、あるいは棒状で1メートルを超えるもの」と定義されています。
例としては、ご家庭で使っていた椅子や棚、自転車なども粗大ゴミとして当てはまります。
また、引っ越しや大掃除で出される大量のゴミも、粗大ゴミとして回収してもらえます。

粗大ゴミに当てはまらないものも複数あります。
粗大ゴミに当てはまらない例として、蛍光灯管、リサイクル可能な古紙、ガスボンベや灯油、バッテリーなどの危険物などが挙げれられます。
また、エアコン、テレビ、冷蔵庫及び冷凍庫、洗濯機及び衣類乾燥機の4品目は、リサイクル対象商品となるため、粗大ゴミとして回収できないことにも注意しましょう。

□粗大ゴミ回収の値段

大阪市で粗大ゴミを回収してもらう場合は、手数料券を購入する必要があります。。
直接処分をしてもらう場合、粗大ゴミ回収の料金は、200円、400円、700円、1000円の4区分からなります。

ただし、同じ種類のものでも、大きさによって価格が異なる場合があるので注意しましょう。
例えば椅子の場合、座椅子を含めた1人用の椅子の場合だと200円ですが、回転機能がある場合やロッキングチェアの場合は、400円の手数料がかかります。

一時多量に出される、最大の辺または径が30センチ以下のものは、ゴミ袋に入っていれば200円で回収してもらえます。

これらの手数料券は、市内の大手スーパーやコンビニ、郵便局、各環境事業センターなどで購入できます。
手数料券が購入できる場所には、粗大ゴミ処理手数料券取扱店という文字が書かれたステッカーが貼ってあるので、探してみましょう。

家庭で出るゴミは、自分でゴミ処理場に持ち込んで処理しても構いません。
ゴミを直接処理場まで持ち込みする場合は、10キログラムごとに90円で回収してもらえることも知っておきましょう。
ただし、ゴミを直接持ち込む場合は、処理場へ持ち込みをする予約をする必要があるので、注意しましょう。

生活保護を受けている方、もしくは中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律に基づく支給給付が決定されている方は、申請により手数料の免除を受けられます。

火災や水害といった自然災害に遭った方の場合も、申請すると費用を減免してもらえる場合があります。
お住まいの各環境事業センターに聞いてみてください。

*粗大ゴミではないもの

粗大ゴミとして扱われない、エアコンやテレビといったリサイクル対象商品のリサイクル費用は、主なメーカーのものだとエアコンが990円、テレビが1870円〜2970円、冷蔵庫・冷凍庫は3740円〜4730円、洗濯機・衣類乾燥機は2530円となっています。

大阪市は民間の収集業者に収集を委託しているので、値段が異なる場合があります。
各業者によって多少値段は変わりますが、大体の場合は、市に直接処分をしてもらうよりも値段が上がります。

例えば自転車の場合、市に直接処分を依頼した場合約200円がかかりますが、業者に依頼した場合は約1000円ほどかかります。
なぜここまで価格が異なるかというと、市に依頼した場合と業者に依頼した場合では、負担の大きさが異なるからです。
具体的には、市に直接処分してもらう場合は、粗大ゴミ収集センターへ連絡して処分を依頼し、手数料券を購入した後、それをゴミに貼り付け指定された場所へ指定された曜日に出す必要があります。
また、粗大ゴミとリサイクル対象品を分けて処分する必要があるなど、費用が安く済む分時間と労力を要します。

対して民間業者の場合、業者へ連絡して回収の依頼をし、見積もりを済ませば、あとは業者が直接家を訪問し回収、処分してくれます。
このとき、粗大ゴミとリサイクル対象品を分ける必要はなく、またバッテリーやガスボンベなど市では回収してもらえないものもまとめて回収してもらえます。

こういったの手間の違いが料金の違いを生むのですね。

*大型ゴミ

また、大型のゴミが大量にある場合、業者によっては搬出作業、車両使用、出張費用込みのパックがある場合があります。

部屋の大きさやゴミの量によって価格が変わりますが、1Kサイズの部屋の回収だと約25,000円、1LDKサイズの部屋や粗大ゴミが多い場合は約45,000円、それよりも部屋が広い場合や家具などを一式処分したい場合は約60,000円の費用で処分してくれます。

見積もりの際に自分にあったパックを選べるよう、業者にきちんと部屋の様子やゴミの量を伝えるようにしましょう。

□まとめ

今回は、大阪市で粗大ゴミを含めた不用品を回収してもらう際の費用の相場をご紹介しました。
不用品回収業者に依頼した場合は、市に回収してもらう場合と比べて値段は上がりますが、その分手間が省けます。
自分の都合に合わせた処分方法を選ぶために、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

 

河内長野市で不用品回収、粗大ごみの処分はイーブイへ