お役立ちブログ,大阪市天王寺区

大阪市天王寺区に住む遺品整理で相談したい方へ!遺品整理をはじめる時期についてご紹介!

2020年5月29日大阪府大阪市鶴見区で食器棚の大型家具、冷蔵庫の大型家電などの不用品回収。写真1

大阪市天王寺区で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているイーブイです。

遺族がやらなくてはならない遺品整理について、誰かに相談したくてもなかなかできるものではありません。

和泉市にお住まいの遺品整理をお考えの方で、「いつからはじめたらいいの?」「ほかの人はどの時期にはじめたの?」と気になる方も多いはずです。

和泉市にお住まいの方に向けて、遺品整理の時期について紹介します。

 

□一般的な遺品整理の時期をご紹介

*四十九日を終えてから

大切な人を亡くして精神的に落ち込んでから、四十九日を期に立ち直るタイミングで遺品整理をはじめる方が多いです。
また、四十九日までは遺品整理のほかにもやることが多いため、それらが落ち着くのを待って遺品整理に取りかかる方もいます。

*諸手続きが終わってから

家族や親族が亡くなった直後に舞い込む諸手続きが落ち着いてから遺品整理をはじめる方も多いです。

家族や親族が亡くなると、死亡届や電気・ガス・水道などの公共料金の解約・名義変更、年金・保険に関連する届出をはじめとして、様々な手続きが必要です。

生きていれば気軽に聞ける質問でも、亡くなったあとは確認が取れないため、役所に問い合わせる必要も出てくるでしょう。

*その他一般的な時期

中には葬式が終わってからすぐに遺品整理をはじめる方もいます。
故人が賃貸物件に住まれていた場合にあるケースで、多くは14日以内に部屋を明け渡す必要があるからです。
賃貸物件ごとにルールがありますので確認しましょう。

また、相続税の申告期限に合わせて遺品整理をおこなう方もいます。
相続税を申告するにあたり、それまでに遺品整理ができていないと、なにが遺産なのかを把握できないでしょう。
相続が発生してから10ヶ月の期限までに申告する必要がありますので、この時期までに遺品整理をおこなう方もいます。

 

□遺品整理をはじめるおすすめの時期

賃貸の契約や相続税の申告期限を守りさえすれば、あとは気持ちが落ち着くタイミングで遺品整理をはじめることをおすすめします。
大切な人を亡くしたあと、気持ちが落ち込んでいるところに、無理に遺品整理をはじめてストレスを抱えこみ、体調を崩すことは避けましょう。

 

□まとめ

和泉市にお住まいの方に向けて、遺品整理の時期について紹介しました。

賃貸・相続税の期日を守り、気持ちが落ち着き次第遺品整理をはじめるのが良いでしょう。

当社では遺品整理の相談を受け付けており、相談をベースとして質の高いサービスをお客様に提供しております。
遺品整理でお困りの方はぜひ当社にご相談ください。

大阪市天王寺区で不用品回収、粗大ごみの処分はイーブイへ