ゴミ屋敷になりがちな人の生活保護の受給率

 2017年2月15日大阪府泉南市で引越し後の片付けで粗大ゴミや不用品回収をしました。写真3

 

吹田 市で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているイーブイです。

 

世の中には身の回りを片付けられない人がいますが、自分の家だけでなく周囲にも迷惑をかけてしまう状態になる場合があります。

最近、報道などでよく取り上げられている、ゴミ屋敷と呼ばれる家で生活する人がいます。

 

ゴミ屋敷については、周囲に住む人たちにも迷惑をかけるようになり隣人トラブル等様々な問題が発生している状況です。

どうしてゴミ屋敷になってしまうのか、普通に生活をしている人たちにはその理由がわかりません。

 

ゴミ屋敷になりやすいと言われるのが、生活保護受給率の高い地域に多い統計が出ています。

生活保護を受けている人たちは、生活をしていく上で制限される部分が出てくるので外部から物を貰ったりしています。
それがつもり重なっていきいつのまにか家の中は、物であふれてしまっている状態になるわけです。

 

また、物がたまっていっても違和感を感じないどころか、捨てきれず大切にとっています。

そんな風に理解すると生活保護を受けている人たちの気持ちがわからないでもありませんが、自分だけでなくまわりに迷惑が及ぶことをゴミ屋敷の住人は知る必要があります。

 

吹田市で不用品回収、粗大ごみの処分はイーブイへ
https://eevee-osaka.com/

大阪エリア地域ごとのご案内

無料相談はこちらから

不用品回収・ゴミ屋敷片付け・遺品整理・特殊清掃など
お困りごとがありましたらお気軽にご相談ください

0120-976-837
24時間受付中!お見積り無料