孤独死しやすい人の3つの特徴

 

大阪市住吉区で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているイーブイです。

 

高齢化社会に伴い、単身で暮らす独居老人も急激に増加しています。
そういう社会状況では、孤独死もまた増えてしまうのです。
では、孤独死というのは、天涯孤独な人だけがおかれた特殊な事例なのでしょうか。

 

実は、誰にでも起こりうることであって、そうなる人には3つの特徴があります。
まず1つには、やはり家族がいない人、未婚や離婚、死別によって一人暮らしをしている人です。
家族がいても、同居していない場合は孤独死のリスクが高くなります。

 

次に、家族や友人知人との交流が少ない人です。
周囲の人間との関わりが少ない人は、ある日ふと連絡が取れなくなっていても気付かれることがなく、亡くなってしまっているということになる可能性があります。

 

また、退職や定年によって仕事をしていない人も、孤独死のリスクが高いです。
仕事をしていれば、毎日顔を合わせる人がいるので、その人の身に何かが起これば、無断欠勤などで気付かれることが多いです。
しかし、仕事もしておらず、日常的に顔を合わせる人間関係がない場合は、病気で倒れていたり、亡くなってしまっていても、誰にも気付かれずに孤独死に陥ってしまうのです。

 

大阪市住吉区で不用品回収、粗大ごみの処分はイーブイへ

大阪エリア地域ごとのご案内

無料相談はこちらから

不用品回収・ゴミ屋敷片付け・遺品整理・特殊清掃など
お困りごとがありましたらお気軽にご相談ください

0120-976-837
24時間受付中!お見積り無料