お役立ちブログ,大阪市北区

心理学から見たゴミが増えてしまう人の特徴

2017年2月17日大阪府藤井寺市でガレージの廃品や生活ゴミや粗大ゴミの処分をしました。写真2

2017年2月17日大阪府藤井寺市でガレージの廃品や生活ゴミや粗大ゴミの処分をしました。写真2

 

大阪市北区で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているイーブイです。

 

気が付いたら広い部屋がゴミだらけになってしまっていた。
こんな部屋では人を呼ぶこともできない。

 

そんな悩みを抱えている人は意外に多かったりするものです。
ゴミが増えてしまう原因はたくさんありますが、心理学から見たゴミが増えてしまう人の特徴があります。

 

ゴミを増やしてしまう人の心理の一つとして、物を処分するのをもったいない、いつか使うかもしれないから持っておこうという考え方があります。
金銭的に苦労したり、物がなくて不自由な経験をした人に特に強くこの傾向が現れるかもしれません。
物を捨てることに対する罪悪感や消失感とも言えます。
これが原因で不必要なものを貯めこみ、結果的にゴミとなってしまうのです。

 

そのようなタイプの人はまず自分の習慣を少し見直して改善してみるといいかもしれません。
例えば一か月に一度は部屋の中の物を見直し、2年以上使っていないものは処分する癖をつけるなどです。

 

もちろん長年の物を捨てられない習慣を変えることは容易ではないでしょうが、自分の無理のない範囲で持ち物を吟味する、処分する習慣を取り入れていけば現在の状況も少しずつ良くなっていくことが期待できます。

 

大阪市北区で不用品回収、粗大ごみの処分はイーブイへ
https://eevee-osaka.com/