特殊清掃ってどんなときに必要?

 

大阪市東成区で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているイーブイです。

 

特殊清掃はアパートや家、またはマンションで1人暮らしをしている人が、急に亡くなってしまった際に呼ぶことが多いです。
1人暮らしをしていると周囲の人達と連絡を取らず、孤独な生活を送ることになるのはよくある話です。

 

そのため、心臓麻痺や脳卒中などで部屋の中で亡くなると、誰にも気がつかないまま時間が過ぎることになります。
亡くなった遺体は時間が経つと腐敗をしてしまうことから、室内に異臭を撒き散らし畳などに遺体が腐敗した痕跡が残され、この時に発生した異臭が、周囲に住む人々が気が付くきっかけになります。

 

普段から親交がある人がいた場合は、姿を見かけない時に心配して警察へ連絡を入れることが多いです。
警察が亡くなった人を見つけるというケースも多いです。

その時は警察が故人の親類縁者へ電話をかけて亡くなったことを伝えます。

そして、親類縁者達が特殊清掃へ依頼をします。

 

特殊清掃を依頼すると、業者は家の全ての窓を開けて異臭を外に払い、遺体がつけた痕跡を掃除してくれます。

費用はそれなりにかかりますが、自身で掃除をするには相当な精神力が必要なため、依頼をしたほうが無難と言えるでしょう。

 

大阪市東成区で不用品回収、粗大ごみの処分はイーブイへ

大阪エリア地域ごとのご案内

無料相談はこちらから

不用品回収・ゴミ屋敷片付け・遺品整理・特殊清掃など
お困りごとがありましたらお気軽にご相談ください

0120-976-837
24時間受付中!お見積り無料