お役立ちブログ,箕面市

見つけられにくい!遺品がしまわれている意外な場所とは?

2017年2月27日大阪府阪南市で遺品整理に伴い生活ゴミや粗大ゴミの処分をしました。写真1

2017年2月27日大阪府阪南市で遺品整理に伴い生活ゴミや粗大ゴミの処分をしました。写真1

 

箕面市で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているイーブイです。

 

 

タンス預金とも呼ばれる個人宅に眠る高齢者の資産ですが、お年寄りの方だけが収納した場所を知っている事が多く、天寿を全うされた後、収納場所に家族が気付かず、遺品がそのまま処分されてしまう事例が相次いでおります。
いわゆるヘソクリの感覚で大事な遺品を家族に黙って内緒で収納する高齢者も少なくありません。

 

遺品が収納されている意外な場所として挙げられるのが、タンス預金と呼ばれる通り、個人部屋の和ダンスの中です。
古い和ダンスのには忍者のからくり屋敷のような隠し扉が付いている事があり、ほんの少し家族の者が見ただけでは分からない構造になっています。
隠し扉がある和ダンスに大金や貴重品が収納されている事も多く、遺品整理を進める際はくまなく中身を確認したいところです。

 

また個人部屋の畳の下なども隠し場所としてよく採用されます。
畳は大掃除の時にしか触らない部分です。
昔ながらの住まいの場合、和ダンス同様に床下に隠された整理整頓のスペースが付いている事もあります。
他のケースとしては冷蔵庫の中、流し台の下の扉、洗面所周辺なども、意外な遺品の隠し場所として採用されています。

 

箕面市で不用品回収、粗大ごみの処分はイーブイへ
https://eevee-osaka.com/