お役立ちブログ,大阪市浪速区

不用品回収の際、部屋にキズができてしまったら?

 

大阪市浪速区で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているイーブイです。

 

不用品回収業者に依頼をして、不用品を回収してもらっている最中に、大きな家具とか家電で部屋にキズをつけられてしまうことがあります。
そのようにして部屋にキズができてしまったら、請求する権利を持っているということを忘れてはいけません。
請求をする場合に気を付けないといけないことは、絶対に不用品回収業者を帰してしまってはいけません。
きちんとキズをつけられたことを伝えないといけません。

もしも不用品回収業者を帰してしまったら、多くの場合は連絡がとれなくなってしまいます。
大きな組織であれば話は別ですが、たいてい不用品回収というのは個人がしています。
そのため、一度逃してしまったら二度とつかまらないのです。
領収書をもらっているからといって安心しても絶対にいけません。
領収書は税務署の申告書類です。
領収書があっても、一度帰らせてしまうとつかまらないことは多くあります。

キズをつけられて逃げようとしたり、責任をとってくれないという場合であれば、その場ですぐに警察をよぶなりして対処をすることがとても大事になるのです。

 

大阪市浪速区で不用品回収、粗大ごみの処分はイーブイへ
https://eevee-osaka.com/