お役立ちブログ,大阪市生野区

遺品と粗大ごみの違い

 

大阪市生野区で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているイーブイです。

 

近頃は、高齢者の一人暮らしも増加の傾向にあることから、その方が亡くなられた後になってから、いろいろな問題が生じることも珍しくありません。
なかでも、遺品整理などに関しては、身内が遠方に住んでいたり、仕事などの都合で、時間を作ることがむつかしい場合には、重大な問題となってきます。

 

そのような遺品整理を専門に行う業者も登場しているので、こういったサービスを検討している人も少なくないことでしょう。
ただし、遺品と粗大ごみについて、明確にしておかないと、後々になってトラブルになる可能性もあるので注意が必要です。

 

粗大ごみとは、一般ごみには出すことができないようなごみを指します。
サイズが大きかったり、金属製であったりする場合には、自治体にもよりますが、一般のごみ収集場所に出すことはできません。
亡くなった方の遺品整理をしていると、一見すると粗大ごみに思えてしまうようなものがたくさんあることでしょう。

 

しかし、そこには遺品との違いがあります。
遺品とは、故人や残された身内にとって思い出がある特別なものですから、その点をしっかり区別することが大切です。

 

大阪市生野区で不用品回収、粗大ごみの処分はイーブイへ