お役立ちブログ,箕面市

遺品整理を行う意味とは?

 

箕面市で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているイーブイです。

 

遺品整理は、故人が残したものをただ処分するだけにはとどまらず、故人と遺族にとって大きな意味があります。遺品整理を行う意味として真っ先に挙げられるのが、重要な契約書などの書類関係を保護することです。個人の遺産を相続するに当たっては、全ての資産を集計して金額を出さなければなりません。そこで、遺品整理を行って契約書の類いを集め、正確な金額を算出するのです。こうすることで、相続の手続きがスムーズに進みます。

 

 

また、遺品整理は資産価値のあるものを遺族に形見分けするためでもあります。資産は不動産や株式など分かりやすいものだけではありません。着物や骨董品、さらにはコレクションなど一概に値段を付けられないものも存在します。そういった資産価値があるものを遺族に形見分けする意味もあります。形見分けされた遺品は遺族が処分することも可能ですが、故人は大切に残してくれることを望んでいるはずです。

 

そして、思い出の品や心情的に価値のつけられないものを保護することも遺品整理を行う理由です。資産価値がなくても、故人と過ごした日々を思い出せる品は大きな価値があります。

 

 

箕面市で不用品回収、粗大ごみの処分はイーブイへ