お役立ちブログ,大阪府大阪市都島区

ゴミ屋敷が生まれる理由 「精神的疲労」

 

大阪市都島区で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているイーブイです。

 

ゴミ屋敷が生まれる理由のひとつに、精神疲労が考えられます。いわゆる行動する意欲をなくす状態を表すもので、荷重労働によるストレスもその原因と考えられます。一種の鬱状態となることから、専門医での受診が必要になります。けれども本人にその自覚が無いことから、事態の好転が望めないことになります。

 

周囲の人もその現状に目を奪われてしまうので、ゴミを溜める本人に何かしらの原因があるとは考えないわけです。そのような状況が周囲にどれほどの迷惑をかけているのかと、本人を責めることしかしないので、状況は何も変わらないことになります。

 

たとえ溜まったゴミを処分しても、根本的な課題が解決しない限り、いつまでも同じことを繰り返すというわけです。そこでゴミ屋敷を発見したならば、まずは家主のカウンセリングを行うことが求められます。明らかに尋常ではない状況に
あることから、何かしらの原因があると考えなければいけないのです。

 

その結果心療内科などで薬を処方してもらうことによって、ゴミを溜めるという症状は軽減されるかもしれません。本人にとっても前向きに考えることができるようになります。そして問題のある会社を辞めて他に移ろうという意欲も出てくるわけです。

 

 

大阪市都島区で不用品回収、粗大ごみの処分はイーブイへ
https://eevee-osaka.com/