お役立ちブログ,大阪府箕面市

ごみ屋敷にしてしまう心理

 

箕面市で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているイーブイです。

 

ごみ屋敷とは、文字通り部屋の中だけでなく、家の外まであふれ出るほどのごみを抱えている家のことです。当然のことながらたった数日でこのような状況になってしまうわけではなく、長期的に、様々な要因で引き起こされる問題です。綺麗好きで、常に部屋を綺麗に保つように心がけているような人にとっては理解し難いその心理をご紹介しようと思います。

 

・忙しい
 片づけができない理由の一つに、「単純に片づける時間がない」という場合があります。基本的に片づけは緊急性のある問題ではありません。片づけはいつでもできるから…と後回しにしているうちに、とんでもなく散らかってしまい余計に片づける時間がなくなるという悪循環に陥ってしまう場合もあるようです。

 

・対人コミュニケーションの疲れ
社会で人とのコミュニケーションにつかれて、家では疲れ果ててなにもできないという場合もあります。自殺する人がいるくらいのストレス社会なので、部屋を片付けている場合ではないという人がいることも納得がいきますよね。

 

・自信のなさ
掃除と自信になんの関係が?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は関係があるのです。掃除をする時には必ず「何を捨てるか決断する」というプロセスが伴います。自分の行動に自信を持てない人が、捨てるものを決断できず、そのまま物があふれて「ごみ屋敷化」してしまうというケースもあります。

 

 
いかがでしたか?ごみ屋敷に住んでいる人はだらしないだけだと思われがちですが、実はそんなに単純な問題でもないのです。

 

箕面市で不用品回収、粗大ごみの処分はイーブイへ
https://eevee-osaka.com/