お役立ちブログ,四條畷市

ごみ屋敷で起こるトラブル|家族

四條畷市で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているイーブイです。

 

ごみ屋敷問題は当事者の健康問題だけではありません。

周囲の人をも巻き込む問題で、社会問題に数えられることもあるほどです。そんなごごみ屋敷をめぐって起こる問題は数多くあります。今回は、当事者から最も近しい「家族」に関するごみ屋敷由来のトラブルをご紹介します。

 

 

・同居している場合親の部屋、もしくは子供の部屋のみがごみ屋敷になってしまうパターンもありますが、そのごみが家族の共用スペース(リビングやトイレなど)まで広がってくると大変です。

業者をよんで一気に片づけてしまうことも可能ですが、まれに散らかした本人にとって「捨てられないモノ」であふれかえっている場合もあるので、家族でもめごとになってしまうケースが多いようです。最悪の場合、「親(または子ども)が説得に応じない」と手を焼いた末に親子断絶になってしまうことも。

 

・離れて暮らす場合離れて暮らす家族の家がごみ屋敷になってしまった場合、周囲への迷惑ももちろんのこと、不潔な環境で病気になっていないか、きちんと食事はとっているのか、といった心配事が絶えないようです。離れているので状況も把握しづらい上に離れて暮らしている場合説得はさらに困難です。

 

いかがでしたか?ごみ屋敷問題を解決することは、家主の健康のためだけでなく、家族のためにもなるのです。

 

 

四條畷市で不用品回収、粗大ごみの処分はイーブイへ
https://eevee-osaka.com/