お役立ちブログ,東大阪市

ごみ屋敷で起こるトラブル|行政

東大阪市で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているイーブイです。

 

近隣の人が何と言おうと解決できない場合、行政になんとかしてほしいと苦情が入ることもあります。しかし実際は行政の力を行使することは難しいようです。近隣の人が何と言おうと解決できない場合、行政になんとかしてほしいと苦情が入ることもあります。

しかし実際は行政の力を行使することは難しいようです。

 

・個人の住まいだから行政がなかなか動けない理由に、「個人の問題だから」「個人の財産だから」という理由があります。

家をごみ屋敷にしてしまう人の多くはその土地や家屋の持ち主であり、ごみはその人の管理下にあることが多いという状況です。第三者から見ればごみに見えるものでも、その人がごみではないと主張すれば行政や近隣の住民は勝手に処分することは極めて困難なのです。

 

・行政処分の例個人の問題に行政が立ち入ることはできないといえど、実際に周辺の住民に迷惑がかかっている上、害虫やネズミなどが原因の感染症が流行する事態はなんとしても避けねばならないので、一部の自治体によっては対策を講じているところもあります。

 

大阪市でもごみ屋敷に関する条例が制定されました。ごみ屋敷に対して調査などを行い、設置された審査会に諮問し、住所が管理不全な状態にあるかどうかを判断します。管理不全とされた場合、指導、および勧告をおこなうようです。さらに氏名の公開や罰金を科するところもあるようです。

 

 いかがでしたか?ここまでくると完全に個人の問題の範疇ではありません。氏名を公開され、ニュースになる事態は避けたいものですね。

 

 

東大阪市で不用品回収、粗大ごみの処分はイーブイへ
https://eevee-osaka.com/