お役立ちブログ,大阪市城東区

ゴミ屋敷を作る人の特徴

 

大阪市城東区で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているイーブイです。

 

ゴミ屋敷を作ってしまう人には様々な特徴があります。ゴミ屋敷は、大量のごみを抱えていますが、1日でそういう状態になるわけではなく、様々な問題が潜んでいると言われています。

ゴミ屋敷を実際に作ってしまう人のタイプとして、まず、物事にもったいない精神がある人を挙げることができます。

 

特に、物がない時代に育った人は、物を大切にする傾向があり、古くなった衣類や日用品、紙袋など、様々な物を保管します。なかなか物を捨てることができないため、ゴミがどんどん溜まっていくという状況に陥ります。また、経済的に苦労をした人も物を捨てることができず、ゴミ回収場からまだ使用できる物を持って帰る傾向があり、結局使用せずにゴミになります。

 

そして、注意欠陥多動性障害の人も、ゴミ屋敷を作ってしまう可能性があります。このタイプの人は、詳しいことは解明されていないですが、ひとつのことに集中して取り組むことができない、片付けができないといった特徴を持ちます。ゴミ問題は、周りの人が協力することで解決できる場合があると言われています。

 

それから、忙しすぎる人もゴミ屋敷を作る傾向があるとされています。1人暮らしの人に多いケースで、様々な理由でゴミの収集日にゴミが出せないことが続くと、次第にゴミが溜まっていってゴミ屋敷になります。一方、配偶者と死別や離婚した場合も気持ちがすさみ、ゴミを処分しなくなるという場合もあります。

 

 

大阪市城東区で不用品回収、粗大ごみの処分はイーブイへ
https://eevee-osaka.com/