お役立ちブログ,大阪府大阪市西区

特殊清掃のアフターフォローがどれくらい継続するかを大阪の業者が解説します

大阪市西区で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているイーブイです。
一人暮らしの方が自殺や孤独死により、遺体が死亡してから長期間経過している場合、強い悪臭を放っていたり、汚れが床下まで浸食している場合があります。
このとき、できる限り元の状態に戻すために、清掃・害虫駆除・消毒を行うことを特殊清掃といいます。
特殊清掃を行ったうえで、リフォームや原状回復工事を行うこともあります。
この記事では、そのような特殊清掃の後、どの程度アフターフォローがなされるのかについての説明を行います。

 

□特殊清掃のアフターフォロー
部屋の悪臭が残っている場合は、再び特殊清掃や消臭ケアが行われることもあります。
臭いが消えない、もしくは害虫が発生した場合には、すぐに業者に連絡をすることが大切です。
このとき、誠実に対応してくれない業者も少なからず存在するようで、その際は別の清掃業者に依頼をすることをおすすめします。
最初の問合せをする段階で、清掃業者が信頼できる会社かどうか見極めておくことが重要だといえそうです。

 

□おわりに
特殊清掃のアフターフォローについて説明しました。
弊社でも特殊清掃を承っております。
お気軽にご相談ください。
大阪市西区で不用品回収、粗大ごみの処分はイーブイへ

https://eevee-osaka.com/