お役立ちブログ,大阪府大阪市北区

特殊清掃の具体的な事例を大阪の清掃業者が紹介します

大阪市北区で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているイーブイです。

高齢者の孤独死はかなり深刻な社会問題ですよね。
高齢者が孤独死してしまったり、あるいは部屋で自殺してしまった場合、その部屋を綺麗にするために特殊清掃を行う必要があります。
特殊清掃とは、部屋の居住者が亡くなった場合に遺体臭や雑菌を消すために消臭剤や除菌剤を散布したり、フローリングを張り替えたりする清掃です。
この記事では特殊清掃で実施する具体的な事例を紹介します。

 

□特殊清掃の事例
特殊清掃の事例、パターンを紹介します。

 

*フローリング張り替え+除菌剤消臭剤散布
最も多いのがこのパターンで、遺体の腐敗が進んでいる場合、フローリングも腐敗したり痛んでいる場合が多いため、フローリングの張替えを行います。
これに加えて、除菌剤や消臭剤の散布は必須です。

 

*供養
上記の清掃作業に加えてお亡くなりになった方の供養も行います。

 

*遺品整理
上記のフローリング張替え、消臭、供養に加えて、不用品を全て回収処分するのではなく、遺品を整理して遺族の方に形見などをお渡しするサービスを行っています。

 

□まとめ
今回は特殊清掃の事例を紹介しました。
高齢者の孤独死は本当に増えていますので、誰の身にも起こり得る話です。
特殊清掃が必要になった方は、ぜひ弊社にお問い合わせください。

大阪市北区で不用品回収、粗大ごみの処分はイーブイへ
https://eevee-osaka.com/